胸郭

リハビリスタッフ向け

『胸郭可動性の評価方法~前胸部柔軟性テスト~(Tr-AFD測定)』

こんにちは! 運動器専門のリハビリスタッフです!! いつもお世話になります。 今回は、『胸郭可動性の評価方法~前胸部柔軟性テスト~(Tr-AFD測定)』 について解説させていただきます。   胸郭は鎖骨...
リハビリスタッフ向け

『胸郭可動性の評価方法~胸郭拡張差測定~』

こんにちは! 運動器専門のリハビリスタッフです!! いつもお世話になります。 今回は、『胸郭可動性の評価方法~胸郭拡張差測定~』 について解説させていただきます。   胸郭は鎖骨、肋骨、胸骨、胸椎、肩甲...
リハビリスタッフ向け

胸肋関節モビライゼーションの方法(徒手療法)

胸肋関節は1mm程度のわずかな可動性しか持たない関節であるため、ごくごくソフトに動かすことがポイントです。 また胸肋関節のモビライゼーションの際に、痛みを訴える方が多いです。 痛みがあるのは機能障害があることを示します。
リハビリスタッフ向け

肋椎関節モビライゼーションの方法(徒手療法)

肋椎関節を1~12まで可動性を回復させると大きな可動性改善になります。 肋椎関節の可動性が回復すれば、胸郭が柔軟になり、頚部、肩関節、腰椎へ良い影響を及ぼす可能性が高くなります。 もちろん胸郭機能や呼吸機能自体もよくなる可能性もあります。
リハビリスタッフ向け

椎間関節モビライゼーションの方法(徒手療法)

可動性が必要な関節と安定性が必要な関節は隣同士に配列されているというセオリーです。 可動性が必要な胸郭が拘縮し、可動性が失われてしまいますと、隣の頚部、肩肩関節、腰椎に負担がきて故障してしまいます。
タイトルとURLをコピーしました